• コールセンターの女性

    今後の可能性

    在では中古マンションが非常に好調な売れ行きを見せています。それは新築よりもはるか

  • マンションと青空

    リスク

    動産投資の方法は、他人に貸して賃料収入を得る方法と売却して利益を得る方法の2種類

案内するスーツ姿の男性

中古マンションの不動産投資としての魅力が高まっています。
もともとマンションによる賃貸経営は、その高い家賃の利回りが人気となっていましたが、ここ最近における土地価格の下げ止まりと上昇を受けて、新築マンションの値上がりが懸念されています。
その点において、価格の安い中古であれば、家賃収入はそれほど下がることもない事から利回りの高さが注目されるようになってきているわけです。
ただし、新築とは異なり、ある程度の頭金が必要となる事により初期の資金が必要となるわけですが、その分毎月のローン返済額は少なくなりますし、あるいは返済期間を短くすることで早期にローン返済を終えることも可能となるわけです。
そしてその後は安定収入源として残ることになります。

家賃収入を得るための投資用不動産として中古マンションを保有するには、そのための業者を利用することが必要となります。
まずは、いかに利回りの高い物件を探し出すことができるかという情報を持つ業者が必要となります。
居住用とは異なり、その部屋の広さによって異なる賃借人に人気のある物件はどこにあるのかといった情報が必要となるわけです。
そしてその賃借人を募集するために、賃貸の仲介業者も必要となります。
空き部屋とならないように広告を出して借り手を見つけることに秀でた業者が必要となります。
さらには、賃借人の退去時における部屋のクリーニングを行う清掃業者も必要です。
このように多くの業者のバックアップを得ることにより、運用が可能となるわけです。

中古マンションを投資用不動産として活用するためには、活用すべきサービスがあります。
まずは借り手がつかなくなる心配を持つ場合においては、家賃保証という保険のようなサービスがあります。
これは、たとえ借り手がつかないとしても毎月必ず家賃の代わりとなる入金を得る事のできるサービスとなります。
ただし、相場の家賃価格よりも低い額での契約となる点は注意が必要です。
また、売却を行う場合にも専門業者を必要とします。
借り手がついたままで売却するとなると、様々な手続きが必要となります。
それを代わりに行ってくれるものとなるわけです。
さらには、借りて手がつきやすくなるような内装のアドバイスを行うインテリアコーディネーターのアドバイスも重要なものとなります。

オススメリンク

コールセンターの女性

今後の可能性

現在では中古マンションが非常に好調な売れ行きを見せています。…Read more
マンションと青空

リスク

不動産投資の方法は、他人に貸して賃料収入を得る方法と売却して…Read more

関連リンク

最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031